益子陶器市2018 春・秋開催!日程や時間、アクセスは?


春と秋の年2回行われる益子陶器市。

益子陶器市は、栃木県芳賀郡益子町という栃木の南東部で開かれている陶器市です。

25,000人近い人口の益子町は、益子焼の産地として有名になりました。

益子陶器市では500近いテントと、お店の数はおよそ50店舗もあります。

テントに展示販売されている作品は美術品、伝統的な益子焼、皿やカップなどの普段使いできる器など幅広くそろっていますよ。

テントには、作家さんや窯元の職人さんがいます。

興味があることを直接聞いてみてはいかがでしょう。

スポンサーリンク



益子陶器市 日程や時間はいつ? 会場はどこ?

陶器市は全国にありますが、益子陶器市のように春と秋の年に2回開催されるところは少ないのではないでしょうか。

開催日程は、春に行われる益子陶器市がゴールデンウィーク。

2018年は4月28日(土)~5月6日(日)の9日間の開催です。

秋に行われる益子陶器市が、文化の日で祝日となる11月3日の前後となります。

2018年11月2日(金)~11月5日(月)の4日間の開催です。

時間は、9時から17時です。

益子陶器市会場の場所は広範囲にわたり、城内坂通りなどを中心とした栃木県芳賀郡益子町の町内各所です。

益子陶器市 駐車場はある?

益子陶器市の駐車場は複数か所用意されており、無料と有料のどちらもあります。

城内坂通り周辺にある駐車場、共販センター駐車場などは有料となります。

無料駐車場の中には、陶器市期間中の休日のみ利用可の駐車場がありますのでご注意下さい。

スポンサーリンク



益子陶器市へのアクセス


車でのアクセス

■東北自動車道
東北自動車道栃木都賀JCT → 北関東自動車道真岡IC下車 → 国道294号線または国道121号線で約25分

■常磐自動車道
常磐自動車道友部JCT → 北関東自動車道桜川筑西IC下車 → 県道41号線で約20分

電車・バスでのアクセス

■電車
JR小山駅で水戸線に乗換え → 下館駅まで約26分 → 下館で真岡鐵道に乗換え → 益子駅まで約45分。

■直行バス(陶器市期間中の土日祝のみ運行)

・秋葉原駅から益子駅まで約2時間30分

・JR宇都宮駅から益子(城内坂交差点北)まで約1時間

益子陶器市を訪れる人の数は、春と秋の合計なんと年間60万人近い多くの方がやって来ます。

昭和41年(1966年)にスタートしてから恒例となっている陶器市なので、今回の開催もたくさんの人でにぎわうことでしょう。

それだけ混雑しますから、益子陶器市へのアクセスは公共交通機関を利用した方がスムーズかもしれませんね。



まとめ

益子陶器市は器だけでなくさまざまな焼き物や雑貨などもあり、地元の特産品や農産物なども買うことができます。

じっくり見ていると1日では足りないほどですから、ある程度目的をしぼって回るといいですよ。

スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!