小石原陶器市2018 民陶むら祭の日程や会場の場所など


「民陶むら祭(小石原陶器市)」は、福岡県で開催される人気の陶器市です。

福岡県朝倉郡東峰村の小石原地区にある、約50件の窯元が手掛けた小石原焼(こいしわらやき)と高取焼(たかとりやき)の器を購入することができます。

通常の価格から2割引きで購入できたり、窯元の最新作が手に入ることもあり、毎年多くの来場者でにぎわいます。

小石原民陶祭では、小石原ポタリーのアウトレット品も購入できますよ。

スポンサーリンク



小石原陶器市の日程はいつ?

小石原陶器市(民陶むら祭)は、春と秋の年2回開催されます。

民陶むら祭【春】

春の民陶むら祭の日程は、毎年5/3、4、5です。
2018年は5月3日(木)、4日(金)、5日(土)となります。
期間は3日間です。

民陶むら祭【秋】

秋の民陶むら祭の日程は、毎年10月初旬~中旬ごろです。
体育の日を最終日とする3日間です。
2018年は10月6日(土)、7日(日)、8日(月・祝)となります。

小石原陶器市 会場の場所はどこ?

福岡県朝倉郡東峰村で開催される、小石原焼の陶器市「民陶むら祭」の会場は、

■道の駅小石原(各窯元の作品を展示販売)
■小石原焼伝統産業会館(イベント会場)
■小石原地区に点在する約50の窯元での窯元めぐり

です。小石原陶器市は、小石原地区に点在する約50の窯元での窯元めぐりがメインの陶器市となります。

そのときの気候や体調もありますが、ぜひ窯元めぐりを楽しんでみて下さい。

道の駅 小石原(福岡県朝倉郡東峰村小石原941-3)

小石原焼伝統産業会館(福岡県朝倉郡東峰村大字小石原730-9)

スポンサーリンク



小石原陶器市 駐車場の場所はどこ?

小石原陶器市の駐車場は、

・道の駅小石原
・旧小石原小学校
・小石原グラウンド
・小石原焼伝統産業会館

各窯元前にも駐車スペースがありますが、数台分しかありません。

道の駅小石原では窯元の作品を展示・販売

「道の駅小石原」にある陶の里館では、福岡県朝倉郡東峰村の約50軒の窯元作品を一堂に展示、販売しています。

窯元を一軒ずつ回らなくても、「道の駅小石原」の一カ所で見ることができ購入もできます。

小石原陶器市は、窯元めぐりを楽しむことができる陶器市ですが、約50ある窯元をすべてまわることは困難です。

まず、「道の駅小石原」で好みの窯元を見つけてから窯元めぐりへ出発すると良いと思います。

道の駅小石原には物産コーナーもあり、地元でとれた野菜などの農産物や特産品などのお土産を買うこともできます。

スポンサーリンク



小石原ポタリー アウトレット

小石原陶器市へ行くなら、「小石原ポタリー」のアウトレット品の購入がお目当ての方も多いのではないでしょうか。

小石原陶器市では小石原ポタリーのアウトレット品が50%引きで購入できます。




「小石原ポタリー」とは小石原地区の10軒の窯元とフードコーディネーターによる小石原焼のブランドです。

東峰村の商工会が発端となり立ち上がったブランドです。

参加窯元は、森山實山窯、宝山窯、元永陶苑、福嶋窯、川崎哲弘窯、鬼丸豊喜窯、柳瀬健治窯、圭秀窯、秀山窯、原彦窯です。

10の窯元それぞれデザインが異なり、手作りのため同じものはひとつとしてありません。

小石原ポタリーは、伝統技法に新たなデザインを加えた、モダンなデザインが特徴です。

まとめ

春の民陶むら祭のシーズンは、村内のシャクナゲやツツジが見ごろを迎える時期です。

秋の民陶むら祭では、山のもみじや木々たちが紅葉し始めています。

小石原焼陶器市で窯元めぐりをしながら散策を楽しんでみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!