笠間陶器市2019 陶炎祭の日程・期間・会場の場所や駐車場はどこ?


茨城県笠間市で開催される「笠間の陶炎祭」は、ひまつりと呼ばれて親しまれてきました。

窯元や陶器店のある焼き物の町で、笠間焼の陶器市が開かれます。

笠間の陶炎祭(笠間陶器市)は、笠間芸術の森でゴールデンウィーク恒例のイベントとなっています。

笠間陶器市(陶炎祭・ひまつり)2019年の開催情報をご紹介します。

スポンサーリンク



笠間陶器市 日程・期間・会場の場所は?

笠間陶器市(笠間の陶炎祭)の開催はいつからいつまででしょうか。

笠間のひまつりの日程や期間は、毎年4月29日から5月5日のゴールデンウィークの7日間開催されています。

日程:2019年4月29日(月・祝)~5月5日(日)

時間:9時から17時

期間:7日間

会場:笠間芸術の森公園(茨城県笠間市笠間2345)

スポンサーリンク



笠間ひまつりはどんな陶器市?


笠間焼の陶器市である「笠間の陶炎祭(ひまつり)」は、笠間芸術の森公園での開催となります。

広々とした公園内に、窯元や陶芸家たちのテントが数百も立ち並び、それぞれの作品を見て回ることができます。

器だけでなくオブジェや雑貨など、個性的な作品も並びます。

毎年ファンが訪れるような人気作家のテントは初日から多くのファンが並びます。

陶器のお買い物だけでなく、飲食店も充実しており、フードコーナーは種類が豊富でどれにしようか迷うほどです。

笠間の陶炎祭は、陶器ファンだけでなく、家族連れやカップルなど、さまざまな方たちが楽しめる陶器市です。

スポンサーリンク



笠間陶器市へのアクセス・駐車場

電車でのアクセス

■JR水戸線笠間駅下車 → 臨時バスまたは路線バスで約10分

■JR常磐線友部駅下車 → シャトルバスで約15分

電車でのアクセスの場合、最寄り駅はJR水戸線笠間駅またはJR常磐線友部駅となりますが、どちらで下車しても陶器市期間中は臨時バスまたはシャトルバスが出ていますので、そちらを利用して会場まで行くことができます。

笠間駅、友部駅からは市内の主要観光施設を巡る「かさま観光周遊バス」を利用して会場まで行くこともできます。

車でのアクセス

笠間陶器市(笠間の陶炎祭)へのアクセスは、車で行く場合は、

■東京方面
常磐自動車道・岩間IC~国道355号線、水戸IC~国道50号線、北関東自動車道・友部IC~国道355号線のルートを利用

■栃木・群馬方面
北関東自動車道・笠間西ICを利用

笠間陶器市の駐車場

笠間陶器市の駐車場は、

・会場である「笠間芸術の森公園」にある駐車場
・会場から離れた場所にある大型臨時駐車場

が笠間陶器市の駐車場となりますが、市内にも臨時駐車場が用意されます。

笠間陶器市(笠間の陶炎祭)は人気の陶器市のため、会場近くの駐車場はすぐに満車になってしまいます。

混雑、渋滞で駐車場探しに苦労しますので、朝早くに到着するか、

会場から離れた場所にある大型臨時駐車場「教育研修センター臨時駐車場(茨城県笠間市平町1410)」を利用し、会場までシャトルバスで移動がおすすめです。

茨城県教育研修センター(茨城県笠間市平町1410)

スポンサーリンク



error: Content is protected !!